北海道銀行

銀行って実はつぶれにくいんですか? よく知りませんが、確かにみずほ...北海道銀行

バブル時代の都市銀行13行のうち、大和銀行、協和銀行、北海道拓殖銀行は、どう...

バブル時代の都市銀行13行のうち、大和銀行、協和銀行、北海道拓殖銀行は、どうなりましたか?

大和銀行:2003年3月にあさひ銀行と合併し「りそな銀行」となりました。
協和銀行:1991年、埼玉銀行と合併し協和埼玉銀行となった。
現在の「りそな銀行」の前身の一つ。
北海道拓殖銀行:1997年11月に経営破綻。
どこも厳しいですね。

銀行 通帳

銀行 通帳閲覧ありがとうございます。
4月から一人暮らしになったものです。
通帳のことで質問があるのですが、たとえば沖縄で自分の口座を作ったとします。
すると、振り込まれたお金を北海道の銀行で通帳をいれて受け取ることは可能なのでしょうか?沖縄で作った口座なら、沖縄でしか受け取れないということはありませんか?また、ゆうちょ銀行ならそういうのは関係なくお金を振り込んだり受け取ったりできるのでしょうか。
初心者すぎる質問で申し訳ございません。
ただ、どう検索していいのかもわからず困っています。
質問の意味が分かる方、ご回答よろしくお願いいたします。

沖縄で口座を作るということですが、どこの銀行で口座を作るかによります。
例えば、沖縄の「みずほ銀行」で口座を作った場合、北海道にもみずほ銀行の支店がありますので、ATMの稼働時間内で手数料のかからない時間帯であれば、無手数料で現金を引き出すことができます。
なお引き出すには通帳ではなくキャッシュカードが必要です。
またみずほ銀行の窓口が開いている時間なら、通帳と印鑑で現金が引き出せます。
沖縄の地元の銀行「琉球銀行」「沖縄銀行」「海邦銀行」で口座を作った場合、北海道にはこれらの支店はありませんので、窓口で現金を引き出すことはできません。
キャッシュカードを用い、北海道内の銀行ATMやコンビニATMなどで現金を引き出すことは可能ですが、所定の手数料がかかります(引き出しの際に一緒に差し引かれます)。
「ゆうちょ銀行」は日本全国にあり、ゆうちょ銀行のATMによる払い戻し(現金引き出し)はキャッシュカードで通帳でも可能です。
キャッシュカードの場合は手数料はかかりません。
窓口でも通帳と印鑑で払い戻しが受けられます。
ただし提携ATMから引き出す際はキャッシュカードが必要で手数料もかかります。
つまり、質問者さんの条件である、「沖縄で自分の口座を作り、振り込まれたお金を北海道の銀行で通帳をいれて受け取ることは可能なのでしょうか?」については、通帳だけという条件ならゆうちょ銀行のみ可能です。

全国対応で通帳での出し入れってなると、ゆうちょ銀行しか出来ないと思います、、一方キャッシュカードでよければ何処の銀行でも、コンビニ(対応していれば)でも出し入れできます、、またネットバンクのようにそもそも通帳のない銀行では、基本コンビニで出し入れできますし、、振込みなどはネットでやればよいという利便性もあります。>

北海道で一カ月滞在します。

北海道で一カ月滞在します。
支払いは現金での銀行振り込みです。
これをクレジットカードで支払う方法を教えてください。

そのようなことはできません。

使う代金が決まっていれば、デービットカードにされたらいかがですか。>クレジットカードの機能として、銀行振込はできません。
リンク先のちょコム送金というサービスを使えば、クレジットカード払いで銀行振込ができますが、手数料が約5%かかります。
soukin.chocom.jp/menu/scb.html
nakamura_0157さんに回答>

今日、北海道銀行のATM画面にて、

今日、北海道銀行のATM画面にて、「道銀ATMカードローン」の契約をしてきました。
銀行では既に審査が完了していて、即融資可能との事でしたが、あとで、保証会社による再審査があるらしいと聞きました。
ATM上で契約後の保証会社の再審査は、契約してからどれくらいで行われるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。

別な銀行なのですが、同じ状況でATMで簡単入力ですぐお金引き出せました。
ですが、2週間くらいしたら手紙が届き、審査の結果貸し出し不可能と連絡があり…と書いてありました…なので返済のみで引き出せなくなりました…後日、審査会社の審査結果で引き続き借りれるか、ストップするかが決まるようです。

カーリングのことを 何も知らなかった私ですが、さすがに選手のことを色々と調べて...

カーリングのことを 何も知らなかった私ですが、さすがに選手のことを色々と調べていくうち、今の北見チームでない、北海道銀行そのた、北見出身が多いですね。
多いこと。
それに、幼くからやっている。
他のスポーツ同様 カーリングも、選手は北見初全国展開がこれからも増えそうですか。

>全国展開がこれからも増えそうですか。
全国のカーリングが出来る施設等一覧www.curling.or.jp/about/about009.html(日本カーリング協会HP)今回の日本代表女子(LS北見)の活躍により全国にあるカーリング場にも問い合わせが有ったりカーリング教室の申し込みが有ったりと少なからず影響があるみたいなのですぐにどうとか言う話では無いかもしれませんがこの影響が長く続く様であれば通年営業している全国5ヵ所の施設以外にも通年営業をする施設が出てくるかも知れませんね。
愛知にある通年コート以外にも京都にカーリング場が作られるかも知れないというお話も有るみたいですから出来れば西日本にも通年利用のコートが作られると更にカーリング人口が増えていくのではないでしょうか?

むかしのボーリングブームというほどにはいかなくても、流行るといいですね。それに、うちの方、閉めたり、細々やっているボーリング場があるみたいで、あそこをカーリング場に改装できないかしら。
ごく入門者でも、カーリングの方がスリルがありそうです。プロボーラーもーカーラーに転向したら?>カーリングが普及すれば可能性もなくはないです。
curlingfan.php.xdomain.jp/>カーリング専用ホールが全国にできるようになったら競技も普及すると思いますが、他の競技と違って既存の体育館やフィールドをそのまま使えないのが大きなネックなります。長年、北見や軽井沢では自治体がカーリング場を運営していたので、そこで育った子供達が中心に日本代表になりましたが、今回の女子代表である富士急は「カーリングおじさん」と呼ばれて2006年と10年五輪の中継で解説を担当した故 小林宏さんが私財で建てた山中湖のカーリング場で育った選手達が中心のチームです。以前は東京や大阪など大都会にカーリング場を作って競技人口を増やすべきだと思いましたが、それより複数の小さな地方都市か町村でホール作って、LS北見のようにまち全体で選手を育てて全国大会へ送り込んだら全国展開に繋がる思います。>カーリングのシートが1年中常設されている施設が11箇所で北海道が多く、次が青森、そして軽井沢に1箇所です。
スキージャンプがそうであるように、スピードスケートがそうであるように、子供達が身近でカーリングをやれる環境が整備されなければ、なかなか北海道や長野、青森等の地域以外からのカーリング選手の発掘は難しいと思います。
今回のカーリング女子チームの活躍を見て、やってみたいと思った子供達に対し受け皿が出来る事が日本カーリング会の今後の行く末を左右するかもしれませんね。
どんなスポーツでもまずは競技を行う施設が近くにあるかどうか。そこでしょう。
無ければある場所まで通わなければならない。ある地域の学校に通うしかない。
その様な状況でも本気でやりたいと思う子供達、若者は自分の腕を磨きに行くと思います。北海道でも軽井沢でも。
それを支援してくれる親やスポンサーが居れば。
カーリングはまだまだマイナースポーツです。
誰でも気軽に何処でも出来るようになるには、時間とお金が掛るでしょうね。>チェーン店化は難しいよ~カーリング協会より。>

北海道の景気が悪いのは炭坑閉鎖や銀行倒産の影響が大きいのでしょうか?

北海道の景気が悪いのは炭坑閉鎖や銀行倒産の影響が大きいのでしょうか?

そんな何十年も前のことは現在の北海道にな何の影響もしていませんわよw

土日の振込について

土日の振込について明日(土曜日)9時に北海道の銀行のATMからゆうちょの口座に振込したら、その日に下ろせますか?出張があるのですが、手違いで振り込まれず明日になるのですが、手持ちがなくて…分かる方教えてください!

銀行⇔ゆうちょ の送金の場合は、土、日、祝は翌営業日の振込になるので月曜日です。
これは、ゆうちょと銀行の間を取り持つハブのような全銀システムというものがあり、このシステムが休日は休止するからです。
(他銀行間の場合も同じ)つまりこのシステムが稼働するのが、月曜日なので月曜日に振り込まれるということです。
もし土曜日にということなら、ゆうちょ銀行の口座から送金するしかありません。
(ゆうちょ⇔ゆうちょの場合は、リアルタイムで振り込まれます)

月曜日の9時以降になります。
振込元、および振込先の金融機関は、一切問いません。>

銀行振り込み

銀行振り込み銀行振り込みで質問北海道の人がかなり離れた地域の人にお金を振り込む場合 たとえば北海道の人が 遠くの地域に1000円を振り込んだ影響されるのって時間かかるんですか?

北海道内の口座間の振込みであっても北海道の口座から沖縄の口座に振り込みであっても処理にかかる時間は同じです同一銀行間か他行かでいくぶん違う可能性はゼロではありませんが「銀行のある土地の距離」が処理時間に影響することはないです

振込なんてネットの回線でつながってるからなんも変わりないですよ。
全銀システムがお休みする、午後3時以降と土日祝日の振込は、違う銀行同士だったら次の営業日にまわされます。
これは銀行が違ったら、距離が近くても同じです。>現金書留なら時間はかかります。
でも、普通の銀行振込なら日中なら当日。
3時以降の振込なら翌日に振込されます。
(土日祝祭日はその次の日に振込)>

銀行って実はつぶれにくいんですか?

銀行って実はつぶれにくいんですか?よく知りませんが、確かにみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行は合併を繰り返して誕生しましたが、これって3銀行とも経営が危うくなったから(つまり放って置くとつぶれそうだったから)合併したんでしょうか。
それで本題なんですが、日本に数え切れないほどある地方銀行ですが、印象的につぶれる気がまるでしません。
例えば京都銀行、広島銀行、北海道銀行、北洋銀行、横浜銀行、千葉銀行、秋田銀行など・・。
(拓殖銀行は大きかったのにつぶれましたが14年前の話です。
これ以降銀行はつぶれたんでしょうか。
また拓殖はレアケースとみなすべきでしょうか)実際のところ息子、娘が銀行に就職が決まれば、どんなに小さな銀行でも親や親戚は”すごい”、”よくやった!”、”これで安心”みたいな雰囲気じゃないですか?私の身近だけの現象じゃないですよね?銀行といえばローカル銀行でも勝ち組の象徴(または勉強のできる人の行く会社)みたいなイメージがありますし、実は銀行ってかなりつぶれにくい安定した業種なんでしょうか。
新規参入もしにくそうですし。
そもそもローカル銀行と言いつつ東証一部に上場してる地方銀行が妙に多いので大企業とみなせばいいだけかもしれませんが、それも含めて地方銀行は非常に安定していてつぶれにくい会社なんでしょうか。
銀行業界には詳しくないので変なことを書いてる個所があれば訂正お願いします。
補足ご回答ありがとうございます。
どの回答も知らないことばかりですごく面白くて勉強になります。
mi_fo_oさん最後の三行はかなり思い切ったことをおっしゃられた気がするんですが、まさか京都銀行や福岡銀行、横浜銀行、千葉銀行のような準大手(?)クラスの銀行も危ういのでしょうか。
また最小規模クラスの銀行はもっと危ういわけですよね?地銀が少なからずつぶれる可能性は高いと考えていいですか?

銀行が「潰れにくい理由」は2つあると思います。
一つは金融庁他が定期的に非常に厳しい検査をしているから、もう一つは「預金保険機構」の存在です。
前者はお分かりになると思うので後者について説明すると。
「銀行が潰れる」というのは「銀行取付=預金者が一斉に預金の引き出しを要求する」が最大の原因です。
ところが日本では「銀行」と名乗るところはすべて「預金保険機構」に加入を強制されていて、この保険のおかげで預金者は一人上限1000万円まで元本が国により保証されます。
つまり大部分の人にとって、銀行取付に走る(英語で bank run と言います)必要はないのです。
この安心感と、いざとなれば「銀行を名乗るところ」は国が救済に入るだろうという期待感で、銀行はなかなか潰れにくくなっています。
ちなみにアメリカの場合だと、経営不振に陥った地方銀行はさっさと潰して、さっさと預金保険を払います。

too big to fail
というのはありますけど、
基本的には、銀行でも、
長期資金の供給をしているだけのようなところは
比較的簡単につぶせます。
小さくても、潰れにくいのは、
地域経済の中で、当座預金取引の一定率を
占めるような金融機関です。
つぶすときでも、
域内のほかの金融機関に
業務の引継ぎなどをさせなければならないため、
単純に、債権者に払戻しをして債務者から回収をすれば
いいという話にはなりません。
当座預金は全額保護の対象になってはいますが、
しかし、手形というのは、当座預金残高の
数倍は振出されているわけです。
こうした手形は、振出人自身の瑕疵がないのに
いったん不渡りに近い扱いになるわけです。
(不渡りというのとは違うかもしれませんが
手形交換所では流通しなくなってしまう。もちろん、
だからといって振出人が銀行取引停止になるわけでは
ないですが。)
そうすると、
潰れた金融機関以外にも当座預金口座を開設しているような
企業・事業主であれば
比較的簡単に、口座を移すなどの作業ができるでしょうが、
そうでない企業や事業主は、
当座預金口座開設のために他の銀行の審査を受けなければならず、
それだけで大変な日数を消耗することになりかねないわけです。
(限られた数の支店に、いっせいに口座開設の依頼が
舞い込むわけですから。普通口座開設とはちがって、
当座口座の開設にはもともと時間がかかります。)
その間も、手形は次々と不渡り状態になります。
また、上では、他の銀行に当座口座を開設していれば問題が
ないような書き方をしましたが、
これは比較的問題が少ない、という意味であって、
よその銀行決済で振出された手形を
簡単に「うちで決済してください」というわけにはいきません。
それはそれで所定の手続きが必要でしょう。
そうなると、完全に、貨幣(実際には、貨幣代替物である
手形だが、この場合は貨幣と同じ)の流通が
一旦ストップします。
問題は、こうした手形がいったいどれだけ
誰によって振出され、それを誰が持っているのか、
何の目的で持っているのか(満期がまだ先で
自分のところで満期まで持っていますよ、という
人が持っているのか、当座の資金繰のため、
すぐにでも譲渡あるいは割引に出したい、という人が
持っているのか、貸付金の担保として
持っているのか)?
ということを事前に知ることができず、それゆえ、
救済のし様もなく、、
地域経済にどのような影響が出るのか、
事前には全く予想がつかないことです。
さらに深刻なのは、仕入代金その他の支払いと
入金の間を当座借越で埋めているような会社で、
そういう会社は、突然、たとえば、
1ヶ月で2か月分の資金が必要になってしまうわけです。
こういうものは事前にある程度の計算が可能だとはいえ、
預金を払い戻しとは全く違い、その顧客との取引を
引き継ぐ金融機関が登場しない限り、
救われることはないわけです。
そんなわけですから、
たとえば、離島の信用金庫なんか、
赤字だから、というだけの理由で簡単につぶすことはできません。
これらはひとつの例ですが、
これ以外にも、銀行はさまざまな
決済業務や、保証業務を行っています。
延納保証を行っている銀行が
あるとき突然業務を停止してしまったら、
不特定多数の輸入業者の
多くの貨物が、輸入許可を得られず
保税倉庫で腐ってしまうかもしれません。
こういうのは全て、「経済の血液」である
「貨幣(及び貨幣代替物としてのその他の債務)の流通」を
支える業務です。
これは、同じ融資業務ではあっても、
「資金の供給」「資産変換」などとは
全く違った側面です。
比較的資金力も豊かな大口の顧客だけを
扱っているような金融機関(「あんたら、
自己責任だから」といいきれる顧客が多い)よりは、
こうした細かい小口の業務を多数抱えているような
地域的な金融機関のほうが
ある意味では、
つぶすときには慎重になるともいえます。
銀行を救うというよりは、業務を誰がどのように引き継ぐかが
ある程度固まらないと、
なかなか、簡単にやるわけにはいかない。
そういうわけですから、
大きな金融機関であっても、
長期資金や融資業務に特化しているような銀行は
いざというときには比較的短時間で
つぶされます。また、
最近設立されている銀行も、
銀行といっても、資金集めだけを行う銀行だったり、
貸付に特化し、日銀当座も開設していないような
銀行であったり、こういうのは、
いざとなったら簡単につぶされると考えておくほうが
無難と思います。>昔はバンバン潰れた 石川銀行とか新潟中央銀行とか最近は日本振興銀行がアボンして 新銀行東京も厳しかったぶっちゃけた話銀行離職率はかなり高い、基本が「低基本給高手当」なんだけど、手当のネタ(役職やね)が年々減っているから(合併の影響) 銀行はリスク管理しているので やっぱり潰れにくい自己資本規制 アウトライヤー規制 ALM VaR等で調べればいいかな私は北陸出身なので金沢のネタを1つ金沢には北國銀行、ってあるここは「堅い運用」で有名、つまり中小企業に優しくない だから中小企業は金沢信金を頼んだ が この不況でバンバン焦げ付く 金沢信金はどーしたか?商工中金に頭下げて増資してもらった かわりにリストラや渋りとかしてんだけどね つまり銀行は「増資」って切り札を持っている相手が 国だったり(りそなとか) 取引先だったりする 取引先、は最近IFRSの影響で持ち合い解消で難しいかもま「倒産は(比較的)ないがリストラはある」って事で最近は「コーヒー係」の問題とかね最近は被災地の地銀に注目かな国(例えば政策投資銀)なんかカネ出してると思うけど 口も出るかな>「銀行=つぶれにくい」というのは昭和の考えといった感じがします。
新規参入としては「ネット銀行」が参入しています。
大手3行(みずほ・UFJ・三井住友)は合併を繰り返しました。
ここが潰れてしまえば、日本の経済が危うくなる危険があります。なので、合併などして何とかしています。
一方で「地銀」は世界に対してさほど影響はありません。
近年の不景気で株価の下落は相当です。
「合併」するということは「人員を減らす」ということです。仮に就職しても、会社は潰れないかもしれませんが、リストラに遭う危険があります。
不況に加え、これから日本の人口が減る(利用者が減る)のに金融機関だけ多くても「共倒れ」になるだけです。
「大手3行」に「ゆうちょ」「JA」の大手に加え、地域密着型の「地元系信用金庫」の6大金融機関・更には便利な「ネット銀行」まで出来てしまい、激戦を前に「地銀」は成すすべは無いと思います。>安定ではなく国が良いように使っているから潰さないだけですよ、
国債などの押しつけ先が銀行ですから日銀は気楽なモンですよね、
国が一般企業でしたらとっくに不渡り出して倒産しますw
(追記)
石川銀行の話が出たので面白い話しがあります。
この銀行は財務省からの天下りを取らない銀行として有名でした。
北國銀行などはこの辺の立ち回りが上手くバンバン取っているんだけどね、
お上の言うことを聞かない銀行として他行の見せしめとして高木元頭取がやってきた事業展開をヤリ玉に挙げ潰されたんですよ、
石川銀行は面白い銀行で、世間的にはダークな産業と言われるパチ屋、ラブホテル、遊興施設と言った所に積極的に融資を行い伸びてきた銀行です。
どこの銀行でも融資を断られた最後の頼み先がこの銀行だとよく言われていましたよ、でも一般庶民からすると金繰りに行き詰まっている時に助けて貰えた本当の銀行だったんですよね、
この辺の話を詳しく纏めた本が読売新聞社から出ている「石川銀行 破綻の航跡」というのがある。
一見の価値はあるので是非読んで欲しいね、
銀行が潰れないのは財務省からの天下りを受け入れているからで、その椅子を追われた行員は企業などへ「経営支援」と格好良く出向されていくが実をいうと体裁の良いリストラっちゅうわけだよ。>

-北海道銀行

© 2020 お金大好きチャッカリ花子の貯金術